見どころ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「メカニックデザイナー 大河原邦男展」北九州市漫画ミュージアムでの開催は
2017年1月15日をもって会期終了いたしました。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

見どころ紹介

劇場版「機動戦士ガンダム」ポスター原画 公開!

80年代のロボットアニメブームの火付け役となった「機動戦士ガンダム」。テレビ放映後も人気は衰えず、テレビ版を再編集した劇場版が全国の映画館で上映されました。その劇場版宣伝用に描かれた原画を公開いたします。

劇場版「機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編」ポスター用イラスト

劇場版「機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編」ポスター用イラスト 1981年 ©創通・サンライズ

展示構成

第1章 メカニックデザイナーとしての黎明

1972年放送の「科学忍者隊ガッチャマン」でメカニックデザイナーとしての第一歩を踏み出した大河原邦男。彼は如何にしてメカニックデザインと出会い、その才能を開花させたのでしょうか。第1章では当時の資料から若き日の大河原の活動をご覧ください。

「合身戦隊メカンダーロボ」/画像

「合身戦隊メカンダーロボ」 アニメ制作用 メカンダーロボ 最終デザイン 1977年 ©ワコープロ

第2章 リアルロボット大フィーバー

「太陽の牙ダグラム」/画像

ロボットアニメの黄金期であった80年代。ガンダム、ダグラム、ボトムズなど、現実感・重厚感ある大河原邦男のデザインは多くの少年達を虜にしました。第2章では70年代後半から80年代の最も多くのメカを描いた時代を振り返ります。
「太陽の牙ダグラム」 販売ポスター用イラスト 1983年 ©サンライズ

第3章 ヒーロー、コミック、そしてリアル

90年代に入ると、幼稚園児からハイエイジまで幅広いファンに向けたアニメーションが登場します。それに伴い大河原邦男のデザインもバラエティ豊かなものとなっていきました。第3章では多彩なメカを生み出した90年代以降の活躍を紹介します。

「デフォルメガンダム」カード用イラスト/画像

「デフォルメガンダム」「SD ガンダムカードゲーム モビルパワーズ」
カード用イラスト 1998年頃 ©創通・サンライズ

第4章 21世紀、永遠のスタンダードへ

吉谷機械製作所 次世代消防車/画像

デザイナー歴44年を迎えた2016年。現在も大河原邦男は第一線で活躍しています。最終章ではアニメに加え、地方自治体のマスコットや自動車のデザインなど、異業種にもそのフィールドを広げている大河原デザインの"今"をお見せします。
吉谷機械製作所 次世代消防車 コンセプトイラスト 2013年

大河原邦男展ロゴ/北九州市漫画ミュージアム

Twitter

共通アンダー

Facebook

共通アンダー